ヒラクアップ(HIRAKU UP)の効果・口コミ・ネタバレ

ヒラクアップで下垂れしたバストを改善できますか?

大澤美樹さんの人気バストアップDVDを購入して実践した内容を紹介しています。
ヒラクアップのやり方、実践時間、デメリット、他のバストアップ法との違いなどが気になる方は必見ですよ。

ヒラクアップで下垂れしたバストを改善できますか?

若い頃は気にならなかったとしても、
年齢とともにバストのハリが無くなったり、
垂れ乳になっていると感じている女性も
多くいらっしゃるでしょう。

 

できれば、いくつになっても
綺麗なバストをキープしたいですよね?

 

では、何故胸は垂れてしまうのでしょうか?

 

原因がわかれば対処することもできますね。

 

バストが垂れるのは、
加齢のせいだけではありません。

 

いくつかの原因が重なることで、
胸が垂れてしまうのです。

 

 

バストが垂れる原因とは?

 

クーパー靭帯の伸びよるもの

 

クーパー靭帯は乳房の中の
乳腺や筋肉、皮膚などと繋がっていて、
バストの形を作ったりバストを支えています。

 

クーパー靭帯が伸びたり、切れたりすると、
バストの重みを支えきれなくなり、
バストの形が崩れて胸が垂れる原因になります。

 

 

クーパー靭帯はデリケートなため、
日常生活の影響を受けやすくなります。

 

バストが上下左右に揺れるような激しい運動

 

ブラジャーを着ける時間が短い

 

過度なダイエット

 

このようなことが原因となり、
クーパー靭帯が伸びたり切れたりします。

 

一度でもクーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、
二度と元に戻すことは出来ません。

 

なので、バストの垂れを防ぐためには、
クーパー靭帯を守ることが重要です。

 

悪い姿勢によるもの

 

猫背のような前かがみの姿勢は、
バストが垂れる原因になります。

 

背中が丸まった姿勢で長時間過ごすと、
バスト周辺の血流が悪くなります。

 

すると、バストに栄養が行き届きにくくなり、
ハリや弾力が無くなってバストが垂れます。

 

妊娠や授乳によるもの

 

妊娠するとバストが短期間で大きくなります。

 

すると、クーパー靭帯が伸びてしまいます。

 

また、急にバストが大きくなることで、
クーパー靭帯が切れることもあります。

 

授乳が終わるようになれば、
胸が小さくなっていきます。

 

 

妊娠中に伸びてしまったクーパー靭帯は、
そのままの状態となって胸が垂れます。

 

ホルモンバランスによるもの

 

バストが大きくなるためには、
エストロゲンという女性ホルモンの
分泌が必要になります。

 

エストロゲンには乳腺を発達させて、
バストに脂肪を付けたり、
バストのハリを保つ役割があります。

 

エストロゲンは加齢やストレスによって、
ホルモンバランスが乱れると、
分泌量が少なくなります。

 

すると、エストロゲンの減少によって、
バストが垂れるようになります。

 

加齢によるもの

 

クーパー靭帯はコラーゲンで出来ています。

 

年を重ねるごとにコラーゲンは減少します。

 

コラーゲンが減ることでクーパー靭帯が衰えて、
伸びる原因になります。

 

また、同時に皮膚もたるむため、
バストが垂れやすくなります。

 

ブラジャーによるもの

 

サイズの合ってないブラジャーを着けると、
バストの組織や皮膚を傷めてしまうこともあります。

 

カップやトップ、アンダーのサイズが合っていないと、
きちんとバストを支えることができなくなり、
脂肪が背中に流れたり、バストが垂れる原因になります。

 

バストの下垂を改善する方法とは?

 

バストが垂れてしまった時は、
どうすれば改善できるのでしょうか?

 

垂れたバストを完全に元の位置まで
戻すことは出来ないかもしません。

 

ですが、バストを垂れさせないようにしたり、
ある程度まで上向きのバストにすることはできます。

 

サイズの合ったブラジャーを着ける

 

バストサイズは気づかないうちに
変わることがあります。

 

そのため、面倒に感じてもバストサイズを測り、
自分に合った適切なサイズのブラジャーを
着けるようにしましょう。

 

そして、寝る時はナイトブラを着けたり、
運動する時はスポーツブラを着けましょう。

 

こうすることで、
クーパー靭帯を守ることができます。

【間違ったブラジャーの着用】

 

1.前中心が浮いている。

 

2.カップ上が浮いている。

 

もしくはくいこんでいる。

 

3.乳頭がカップのトップにきていない。

 

4.バストの底辺が合っていない。

 

5.手をあげるとアンダーがズレる。

 

6.脇や背中に段差ができる。

 

大胸筋を鍛える

 

大胸筋を鍛えることで、
バストの下垂を予防・改善できます。

 

 

大胸筋を鍛えるとハリのある
美しいバストになっていきます。

 

また、クーパー靭帯の負担を
軽減することができます。

 

ただ、鍛えすぎると筋肉が増えるので、
柔らかいバストになりません。

 

負荷の軽いエクササイズをしましょう。

 

姿勢を良くする

 

姿勢が悪いとバストが
下を向いた状態が長く続きます。

 

 

すると、重力の影響によって、
バストトップの位置が下がり、
バストが下垂してしまいます。

 

立っている時や座っている時の
姿勢を正しく保つことで、
垂乳を予防することができます。

 

冷え性を改善する

 

特に女性の方は冷えで悩んでいる人が、
多いと思います。

 

 

血行が悪いとバストの血流が悪くなって、
バストが垂れる原因になります。

 

また、肩こりや生理痛、頭痛、腰痛、
不眠などの原因にもなります。

 

そのため、冷え性や低体温の場合は、
体を冷やす食べ物を控えりたり、
ウォーキングなどの適度な運動をしたり、
入浴中にストレッチなどを行い、
冷え性を改善するようにしましょう。

 

ストレスを解消する

 

仕事や家事、育児などで、
ストレスが溜まることもあります。

 

 

ストレスが溜まるによって、
女性ホルモンのバランスが崩れます。

 

すると、バストのハリが無くなります。

 

それだけではなく、肌荒れが起こったり、
髪の毛の艶が無くなるなど美容にも影響が出ます。

 

そのため、ストレスを溜めないようにして、
女性ホルモンのバランスを安定させることが大切です。

 

ヒラクアップで垂れ乳を予防&改善

 

ヒラクアップはただ単に
胸を大きくするためだけの
プログラムではありません。

 

バストの垂れや左右の形、ハリなど
バスト全体を美しくするプログラムになります。

 

【一週間プログラム】

 

・上向きバストを作る

 

・循環リンパケア

 

・ホルモン分泌ケア

 

・バストの重力ケア

 

・老廃物排泄ケア

 

・スペシャルケア

 

【症状別プログラム】

 

・ストレス解消プログラム

 

・姿勢改善プログラム

 

・不眠解消プログラム

 

・生理不順解消プログラム

 

・筋肉不足解消プログラム

 

・血行不良、冷え性解消プログラム

 

ヒラクアップにはこのような
多数のプログラムが用意されています。

 

そして、これらのプログラムは、
垂れ乳を予防&改善する効果もあります。

 

なので、産後や加齢によって、
下垂れしたバストで悩んでいる方も
安心して取り組んで下さいね。(=^・^=)

 

ヒラクアップでは皮絡を刺激することで、
血液やリンパ液の流れがスムーズになり、
体内の毒素が排出されます。

 

すると、お肌の潤いが保たれて、
バストが美しい形になります。

 

 

アフターの△部分は、
バストのゴールデントライアングルです。

 

上胸のボリュームが落ちている。

 

バストの下部分がたわんで、
乳首が下向きになっている。

 

バストの脂肪が外に流れている。

 

バスト自体が下がっている。

 

このようなお悩みを抱えている方も
ヒラクアップをやってみるといいでしょう。

 

☆ヒラクアップの公式サイトはコチラ☆


 
Copyright (C) ヒラクアップ(HIRAKU UP)の効果・口コミ・ネタバレ All Rights Reserved.